Japanese
English

超レア!獲ったその日じゃないと食べられないモチガツオ

モチガツオと呼ばれているカツオがあります。特別な種類というわけではありません。ある限定条件で穫れるカツオが、モチモチッとした食感からモチガツオと呼ばれているのです。

基本的に4~5月くらいのゴールデンウィーク前後に到来するモチガツオ。黒潮に乗って遠州灘にやってきます。たまに潮の関係で変な時期にもやってきます。見かけたら超ラッキー!の激レア魚なんです。


最近では置いている魚屋さんも少なくなってきましたが、うおなみではしっかりご提供しています。


「モチガツオ獲れたよ!」と漁師さんから連絡があったら、すぐさまお待ちいただいているお客さまにご連絡します。このモチモチ感は、時間との勝負だからです。


モチモチの秘密は、死後硬直をさせないこと。特殊な方法で死後硬直しないように締め上げ、港まで運びます。港に運んだ直後でも、包丁を入れた瞬間から死後硬直が始まりますし、翌日になっても死後硬直してしまいます。


このため、急いでお店まで運びます。


競りから帰ってくるのがだいたい3時半頃です。いつもモチガツオをご購入いただいているお客さまは慣れっこなので、早く受け取るためにお店で待ち構えています。すぐさまカツオを解体し、事前予約のお客さまにお渡しします。


その後余っていたら一般購入に、ということにもなりますが、当日中に必ず売りきらなくてはいけないため、常連のお客さまに「買いませんか?」とお声掛けもさせていただいています。


ですので、確実に食べたいのであれば、事前予約を入れていただきたいのです。


モチモチとした食感、上品でさっぱりとした味。魚の臭みは一切感じられません。


「まだ食べたことない!」という方がいたら、お電話くださいませ!



ただし、モチガツオの特性上、当日お店に取りに来れる方のみとさせていただいております。ご連絡お待ちしてます!

#春 #カツオ #モチガツオ #もち鰹